>>一日の体に必要な水分の量

僕たちの体は一日に約2.5リットルの水が必要になる。

人は一定の水分を補給しなければ生きていくことができない。
でも、なぜ大量の水が必要なのだろうか?

それは、水は体内に取り入れられて、体温調整で汗をかいたり、酸素や 栄養分の運搬を助け
たり、老廃物を尿やその他で排出したり、細胞の働きを助けたりと、体を正常に保つためにたく
さんの水分が使われて、失われていくのが原因だ。

一番の水分補給の方法は「飲料」になり、ついで食べ物から摂取することになる。

のどが渇いたから水を飲む。運動した後に飲む水分はとっても美味しいものだ。
これはごく自然な行為だが、これも体が失った水分を補給するためのものだ。

朝起きてから水分を体に取り入れることはとても良いことだと
いわれている。
夜寝ている間に失った水分補給のほか、水分を口から取り入れるということで、お休みモードだ
った体が口から入り喉を通り、素早く体の中を通ることにより体の内部もお目覚めメードに切り
替わっていく。

体を起こすには、朝陽の光を浴びることも良いと言われているね。

このように、体の内側を水分、体の外側を陽の光で目覚めさせることが、良いと言われている。

check

水回り リフォーム 横浜