>>水分不足の時の体の信号

日常のちょっとしたことで、体は水分不足を訴えている。

僕たちが何の気なしに、とっている水分だが、意外と水分が足りない時が多かったりする。

体の水分が足りなくなると、体調に変化が起きてくる。ささいな変化なのだが、体にとっては
水分が足りない!という訴えなのだ。

ちょっと喉が渇いた

この信号を受けた時点で体の水分量は減っている状態だ。

必要な水分量のうち『1%』が不足しているという事。

喉が渇いたと感じる時点で、すでに体は水分不足になっているのだ。水分補給は喉が渇いたと
感じる前に水分をこまめに取るのが良いとされている。

『たかが1%ほど喉が渇く程度じゃないか』
と思わないで。

今ある水分で、体はやりくりを必死にしていたのだが、それでも足りないから、SOSを送っているのだ。
それを無視して放っておくと・・・

2%不足すれば
喉が渇いて乾いて仕方ない状況になり、ぼや〜としてきたり

4%不足になれば
疲労困憊で、なんだか気持ち悪いし、感情的に・・・

8%足りなくなれば
息苦しい・・・呼吸が・・・現実と幻想?の区別が・・・

10%足りなくなってしまうと
体の流れがうまくいかず・・・ 気を失った・・・

20%足りなくなると
・・・・とんでもない事!になってしまう

水分が足りなくなると困るのは目も同じ。特に目は少し乾いただけで視界がかすんでしまうので
仕事で運転をする人やオシャレにカラコンを使用している人にとっては気になる部分なのではないでしょうか?
カラコンの通販で折角手に入れたお気に入りのカラコンも
装着時に痛いのでは意味がありません。(その場合無理にカラコンをつけてはいけません)
通販を活用する際は、水分にも気をつけてくれるカラコンを選んでください。

一生懸命働いていて、「疲れた・・・」。「気持ち悪い」。なんだか「イライラする」などと、
実際に働きすぎで体調が悪くなるし。気を使いすぎで神経が参ってしまうこともあるかと思うが、
忙しければ忙しい分、自分の体にかまってあげられなくて無理をしがち。

無理をしているときは、なおさら水分不足になっていないだろうか?そんな時こそ、水分を補給しよう。

特に『ミネラルウォーター』を補給することにより、失われている水分と、ミネラル等を補充することが
できて、ちょっと体に良い。

普段は、特に意識していなく、何でもないように水分補給しているはずなのに、意外と自分が思うより
も体は水分を必要としているのだ。

口の中が粘つくことがある?(歯の関係の病気以外)

緊張したり、ストレスなどで、唾液が少なくなってしまった時に感じたりする。そのような時には、
リラックスも兼ねて水分を取ろう、できれば『水』が良い。

※コーヒーなどのカフェイン含有飲料だと、リラックス効果はあるが、利尿作用があるため、
お手洗いに行きたくなってしまうので、水分補給をしてもすぐに体外に出て行ってしまう。
水分補給を目的とする場合にはあまり取らないほうが良いようだ。
通販購入などではノンカフェインコーヒーなどもちらほら見かけるが利尿作用はどうなのだろう。

季節が冬になり、空気が乾燥してくると、顕著に体のあちこちに信号が現れる。

唇が乾く

空気の乾燥が原因でもあるが、体の水分が不足しているという信号でもある。同様に、手足がかさつく、
皮膚が乾燥して痒くなるのも水分が不足しているからだ。
夏は湿度もあり、温度も高いことから、新陳代謝が冬に比べて活発になるが、冬になると空気は乾燥し
て湿度が低くなる上、
  気温も低い状態となるので、夏に比べて過酷な状況になる。

昔は、お十時、お三時など、お茶の時間をとって、心身ともにリラックスタイムをとったりしていた。
これはとても良い事で、脳にゆとりを、体に水分を取るという、何気なく体にとっても優しいことをしていたのだ。

朝起きてすぐ、朝食後、10時の休憩、昼食(前)後、15時の休憩、夕食(前)後、お風呂の前、
お風呂の後、就寝前にとっていただくとより体に良いようだ。もちろんその時その状態で変わるか
と思うが、なるべくこまめにとっていくのが良いようだ。

朝起きての水分補給は特に大切!

寝ている間に、約コップ一杯の水分が汗などで失われているといわれている。朝起きてすぐに水分を
とるのは寝ている間に失った水分の補給もあるが、体の中に水分が入っていく事により、体の内部(胃腸)
の活動を活発にさせてくれる。

食事(前・中・後)

食事でとった大切な栄養の吸収を助けてくれる。

※食欲が無い時:炭酸が入っているミネラルウォーターが適度の刺激を与え、食欲を促してくれる
作用があるので、食事前に少しだけ飲むと良いようだ。

食事しながら水分を取るのも良い。
食前、食事しながら、食後いずれも良いとされているが、この時「水」=『軟水』であれば何も問題はない。
だが、飲み物の中には、あるミネラルの吸収を邪魔したりする成分を持っているものもあるので、
注意が必要だ。

休憩時(10・15時など)

リラックスさせることもあり、意識的に水分をとるのがお勧め。
特に時間は関係ないが、なるべく一日に何回もとるのが良いようだ。

入浴(前・後)

入浴することで、汗がかなり出てしまうので、入浴前は失われる前の補給を。
入浴後は失われてしまった水分の補給をしてあげよう。

睡眠前

入浴と同様に、睡眠時に汗として失われてしまう前に水分の補給をするのが良いとされているが、
あまり飲みすぎたりすると、夜中に目を覚ましたりなどしてしまうので、ケースバイケースで調整
されると良いようだ。

その他

運動前・運動中・運動後

お酒を飲んだ後

水分補給には『水』が一番だ。水にもいろいろあり、 軟水・硬水を使い分けると体により良い。

たとえば、お薬を飲む場合には薬の成分に影響の無い『軟水』を、ミネラルを補給するという目的
であれば、『硬水』をとるのが良い。